つかさのタロットあれこれ

日々の運勢をタロットカードを交えてご紹介していきます♪

「カップのクィーン」リバース

今日は建国記念日ですね。

 

むかーし昔、まだ振り替え休日などなく

日曜日と祝日が重なったときは

それはガッカリしておりました

小学校時代を、ふと思い出しました(笑)

 

振替休日はもとより

いまでは、体育の日や成人の日が

連休をつくるべく

毎年移動するという次第……

 

いえ、それを否定するのではありません。

 

時代は変わっていくのだな~

などと年寄りくさいことを

思ったりしているというだけのこと(笑)

 

それにしましても

「飛び石連休」などという言葉も

ほどからず

死語となってしまうのでしょうか?

 

そういえば「半ドン」という言葉、

もはや死語のようなものだとか……

 

半日で終了となる学校、職場ともどもに

それはそれで

ランチタイムから午後の楽しみが

貴重なものとして思い出されます。

 

さて、建国記念日である今日の運勢は?

 

本日の1枚には

『カップのクィーン』がリバースでまいりました。

Q of cups R

豊かな感情、愛情の象徴であるカップ、

そして

大人の女性を表す

クィーンを持ちますこのカード、

そのままに

主に女性の深い愛情を

意味していると云われます。

 

カップのクィーンは

4つのスートの中では最も穏やか、

所謂良妻賢母型であるようです。

 

とは申しましても

それは単に大人しい、穏やか

ということではなく

その内面には、

とても強い芯を持っている人

ということになります。

 

そして、その強さは

深い愛情から来るもの……

 

その愛情を通して

幸福感を得られることを

暗示するカードと申せましょう。

 

さて、「大人の女性」

と申しましても実にさまざま……

古くは

既婚女性とも解釈されたようですが、

昨今では、自立した女性

とみなされることが多いようです。

 

また、稀に

母親的な立場にある男性を

示していることもあるようです。

 

いずれにしましても

該当する人物にこのカードが出ましたら

それは、その人が

しっかりとした大人であることを

告げているということになりましょう。

 

そして、深く大きな愛情で

ものごとに対することのできる方

ということにもなりましょう。

 

ところで本日は、このカードが

リバースで来ております。

 

タロットカードの正位置、逆位置については

その解釈が分かれるところでもございます。

 

どちらも変わらない、という説もあれば

リバースは完全に正位置の否定、

はたまた、

それぞれのカードによって異なる

と捉えるものなど、さまざまです。

 

また、カードによっては

もともと正位置よりも

逆位置の方が、良いことを告げている

といったものもございます。

 

つまり、リバースでの登場を

マイナスに受け止める必要は

ない、ということ……

 

本日の『カップのクィーン』の場合ですと

本来の深い愛情が

上手く発揮されないかも?

ということを

告げていると思われます。

 

或いは、貴方の周囲にいる

本来愛情深い方が

今日のところは、それが

誤った方向に流れやすい、

そんなことも起こり得るようです。

 

また、

どれほど純粋な愛情であっても

「過ぎたるは及ばざるが如し」

の諺通り、

愛情過多になることを戒めている、

或いは、そうなっていないかを

ちょっと考えてみても良いのでは?

そんなことを

知らせているのかもしれません。

 

それでも、

いま存在する「愛」そのものは

悪でも罪でもありません。

 

そして、そうした純粋な愛情が

円滑に、順調に流れていくことは

毎日をとても

心豊かなものにしてくれることでしょう。

 

 

今日も良い一日を!