つかさのタロットあれこれ

日々の運勢をタロットカードを交えてご紹介していきます♪

『モダン』とは何ぞ……⁉

つい先刻テレビで見たのですが、またまた驚かされました……❕❕

 

『モボ』『モガ』

 

何のことだかお解りになりますでしょうか? 

ご存知の方には「いまさら……!」のことでしょうが……

 

いえいえ、20代の方はともかく、30代の方でも知らない方は知らないのですね……

 

はい、『モダンボーイ』『モダンガール』のことに相違ございません……✨

 

時代の先端を行く男女を称したものですが、何年前くらいかと言いますと、 1920年代の大正末期から昭和期なのだそうです。うーん、若い方が知らないのも無理はないか(笑)

 

因みに『モダン』とは、現代的であることだとか……

 

そんな現代的である『モダン』なのですが、その響きには、非常にレトロな印象を覚えるものもまた不思議なことですね✨

 

いま言われる『イケメン』なども、いずれは懐かしさを感じさせる言葉となるのかと思いますと、とても興味深く感じられます。

 

それで思い出したのですが『顔面偏差値』なる言葉もあるのですね……🎶

 

こちらググってみますと、『顔面偏差値』を測定してくれるらしいのですが…… この偏差値の信憑性のほどはどうなのでしょ

余談ですが……

『顔面偏差値』なる言葉を初めて耳にしましたのは、六本木辺りのカフェで一服していた時だったと思うのですが…… もしや『一服』も死語でしょうか?(笑)

 

ともかく、モデルのような可憐な女性3-4人が、きゃっきゃっとお喋りをしていました折、聞くともなく聞こえてきましたのが、

「顔面偏差値の高い男って、ダメだよね~」

 

一緒にいた女の子たちが口ぐちに「そうそう」「あまり高くない方が……だよね~」

 

はてさて何がダメなのか……⁉ 

 

はい、多分『其れ』です(笑)

こちらはまたの機会にでも……💖

う?(笑)  『ググって』というのも以前はなかった言葉ですよね。

 

「日本語は変化への対応力に優れている」

――と幼い頃に、何かで聞いた覚えがあります。

 

いまさらながら、本当に柔軟性のある言語だなと思うこと頻りです……✨

余談ですが……

『顔面偏差値』なる言葉を初めて耳にしましたのは、六本木辺りのカフェで一服していた時だったと思うのですが…… もしや『一服』も死語でしょうか?(笑)

 

ともかく、モデルのような可憐な女性3-4人が、きゃっきゃっとお喋りをしていました折、聞くともなく聞こえてきましたのが、

「顔面偏差値の高い男って、ダメよね~」

 

一緒にいた女の子たちが口ぐちに「そうそう」「あまり高くない方が……だよね~」

 

はてさて何がダメなのか……⁉ 

 

はい、多分『其れ』です(笑)

こちらはまたの機会にでも……💖

 

 

さて本日の1枚は『女教皇』のリバースです。

f:id:tsukasa201712:20180901071248j:plain

こちらは初登場になります。

 

大アルカナにして

「2」の数値を持つ

このカードが

告げておりますのは、

高い知性と論理的判断力

 

正位置では、これが

とても良い方向に働くことと

なる訳ですが、

リバースとなると

少々複雑なものとなってまいります。

 

その知性の高さゆえに

ときに、その言動が

冷酷さを伴う、

非情なものとして

捉えられてしまうことも……

 

その判断、決断そのものは

決して間違ってはおりません。

が、それでも

あまりに鋭い観察眼、指摘に

周囲が付いていけない……

といったことにもなりかねません。

 

この人物に悪気はないのですが、

それだからこそ

いっそう問題が複雑、深刻なものと

なってしまう可能性も……

 

冷静であることも

このカードの特徴ではありますが、

そこには、

頑な過ぎる心、気持ちの存在も

否めないようでございます。

 

今日、何だか上手くいかない……

そんなことに遭遇されましたら

そのときは、少し

身体も表情も緩めてみてくださいませ。

 

 

それだけで、良い変化が訪れ

上手くいくこともあることかと……❕

 

そう、

もう少し力を抜いても大丈夫……💖

 

このカードは、

そんなことを告げるもの

でもあるのでしょう……✨

 

 

過去には正位置が何度か登場しております。 

 

 

www.tsukasa-scp.com

 

今日も良い1日を……✨

 

 

№231