つかさのタロットあれこれ

日々の運勢をタロットカードを交えてご紹介していきます♪

「太陽」リバース

 「桃の節句

 

今日は3月3日雛祭りですね♪

 

幼い頃この日が近づきますと

母が押し入れの奥から

桐と思しき細長い箱を

それはそれは大切に取り出して  

雛壇をつくるのが

とても楽しみでございました。

 

さて、本日の1枚には

『太陽』がリバースがまいりました。

f:id:tsukasa201712:20180303101025j:plain

明るく屈託のない波動を表す

と云われますこのカード、

大アルカナ19番目に位置し、

「星」「月」に続いております。

 

彼方の希望、迷いのときを経て

悩みから脱し、

希望に燃えて前進することなどを

意味していると云われます。

 

あらゆるものの生命の源である太陽、

その巨大な恒星のエネルギーとは

明日への活力と 

祝福を与えてくれるもの……

 

ですが、今日は

そうしたものが影を潜め、

なんだかなぁ……

という気持ちになりがちかも……

 

本日の1枚は、そんなことを

意味しているようです。

 

 

でも、

それが乃ち良くないこと

という訳ではございません。

 

情熱を持って取り組むこと、

それは勿論大切です。

が、ときとして

それが度を越えてしまって

却って

よくない影響を及ぼしかねない、

そんなことを

告げるものでもあるのでしょう。

 

情熱、熱血と云いますと

松岡修三さんを連想される方も

多いことでしょうが、

熱いエールを贈られることに

否やはございませんでしょう。

 

それでも

365日24時間

あれほどの熱意でのエールを

贈られ続けるとなりますと

ともすれば

辛いことともなり得ましょう。

 

ときには

静かに謙虚に過ごすことも

大切なのでは?

そんなことを

考えてみることを

促されているのかもしれませんね。

 

お仕事においても

また、恋愛においても

今日のところは

少し控え目であることが

「吉」となるようでございます♪

 

 

今日も良い1日を!

 

 

 

~~~ おまけのひとコマ ~~~

     『雛飾り』

 いまはあまり大袈裟なものは

  好まれないのでしょうか、

      当時は

   雛壇の段数が多いほど

     立派なものと

 認識されていたように思います。

 

    板を組み立てて

  ――確か我が家は5段飾り、

  これも当時では最もよくある

  一般的なところだったかと……

 

   雛壇が出来上がりますと

    その上に緋毛氈を敷き、

         いよいよお雛様の登場です。

 

              人形たちはもとより

                  小さなお道具が

        それぞれとても可愛らしく

      何とも心浮き立つものでした☆

 

      『甘酒』

    それにしましても

   この日の飲み物とされる

      「甘酒」

  なんだか不思議な飲み物だなぁ

     という印象が

   強かったのを覚えています。

 

    『桃の節句』の今日は

あたたかく穏やかな日となりそうですね♪