つかさのタロットあれこれ

日々の運勢をタロットカードを交えてご紹介していきます♪

「愚者」

来たる年に向けて

 

今年もいよいよ押し迫ってきましたね

新年に向けて世間は一段と慌ただしさを増しているようです

 

帰省ラッシュ、出国ラッシュなどのニュースも耳にします

年末年始のおやすみで移動される方も多いのでしょう

 

その一方、鉄道各社はじめサービス業などお仕事によっては

カレンダーとは関係ない日々の方もまた大勢いらっしゃいます

 

元旦から営業というお店も多いなか

最近は、元旦くらいはおやすみに……

という傾向もあるのだとか……

 

そういえば幼い頃は、

三が日は見事にどのお店も閉まっていて

ああ街がおやすみしているな~

などと思ったりしたものです

それがお正月らしさでもあったようにも思います

 

さて、本日の一枚『愚者』のカード

f:id:tsukasa201712:20171230072715j:plain

恐れを知らぬ若者、冒険者、天真爛漫などの

意味を持っています。

 

若さゆえの猪突猛進を示している場合もあれば

世の中の凡そすべてを経験し、苦楽を知り尽くした上での

敢えての猛進、すべてを達観しているからこそ

恐れるものなどないことを示している場合もあります

 

年配者に出たとしましたら

その落ち着いた風貌とは異なり、その方の内面、お気持ちが

非常に若いことを暗示していたりもします

 

或いは、さまざまなしがらみから解放され自由であること

心が晴れ晴れとしていて生きているのが楽しい

といった心持ちを表していたりもします

 

何ごとかに迷っているのなら

思うままに進め、思い切って実行せよ、ということ

即ちそれが吉となることを告げています

 

自分以外の人の位置に来た場合は

その人が、自分の心、気持ちに素直であることや

大いなる冒険心にあふれていること、

周囲の人が驚くようなことでも、さらりと挑んでしまう

そんなタイプであることを教えているのでしょう

 

莫迦なのか大物なのか分からない

などと言ったりもしますが

真に大物である人は、一般的な尺度では測れないもの

それほどの器の大きさだということを

示唆しているのかもしれません

 

付き従う犬は、このご主人さまの様子に喜んでいると言われます

リバースの場合は、

ご主人の猛進を諫める存在となります

 

それが自分にとって、楽しいと思えるのか否か

そうしたことが判断基準として重要だ

ということを告げるものでもあるのでしょう

 

どうような事柄であれ、局面であれ

何事かを選択し決断する、さらに実践するということでは 

 恐れ知らずと言える程の勇気が必要となるものです

そんなことを示唆しているカードども言えましょうか……

 

勇気を持って進むことで

みなさまの人生が、先の幸福に向かって

さらに大きく拓かれていきますように……

 

良いお年をお迎えくださいね